hyakuman_amaneのブログ

「のんびり・ゆっくり・ゆったり」生活の 気づきブログです!

【 写真を整理していて思い出した、30年前の海外ツアー団長での3つの大失敗! : 海外旅行 < その1 > 】

 

 

こんばんは、百萬です。

 

60代になって公私ともに 時間に余裕ができました。

それで 休日に古い写真を少しずつ整理し始めました。

懐かしい写真がとにかくたくさん。いろいろなことを思い出しました。

 

写真の整理そのものは、こんなふうにしていると 遅々として進みません・・・

その中に 私が30代に、会社の海外ツアーの団長として参加し、いくつもの大失敗をやらかしたことが 冷や汗とともに蘇りました。

 

団長として海外ツアーに参加する人はそれほどいないと思いますが、私はこの経験で添乗員の方の苦労が少しだけわかりました。

そのような失敗ですが、もしかして何かの参考になるのではと思い お知らせします。

 

目 次

 

大失敗その1 :  参加者3名がフランクフルト空港で行方不明に!

 

 

この海外ツアーは9月の6泊8日。社員と家族、社員の知り合い、お客さまなどの混合。平均年齢は60歳くらい・・・

参加者は総勢80名。2班に分かれて、添乗員がそれぞれ1名ずつ付きました。

私はその団長(といえば かっこいいのですが、実は雑用を含めた総責任者!)

 

日本を出発して、ドイツのフランクフルト空港に到着。その後、スイスを経由し、高速鉄道TGVでフランスのパリをめざす旅程でした。

 

フランクフルト空港で、いったん一定の場所に全員が集合し、人数を確認したのちそれぞれトイレ休憩。

短時間のうちに 再度集合して人数を確認すると、60代女性が3人戻っていません。誰に聞いても???という返事。

 

添乗員はまだ 参加者の顔と名前が完全に一致しないため、添乗員を1名残して、私ともう1名の添乗員で空港中を走って探し回るはめに・・・

なかば汗だくになりながら、あちらこちらを探しましたが どこにも見当たりません。

 

私は半ば脱力感を覚えながらも、しかし このときばかりは頭が全方位にフル回転。

・・・少しして  私は同じ飛行機に、海外ツアーを催行している会社がほかに2つあったことを、ふと思い出しました。

 

まさかとは思いながら、その2つのツアー団体の1つに近づきました。

私たちは汗びっしょりです。

「もしかして・・・ここに〇〇会社の方はいらっしゃいませんか?」と、すごく大きな声で叫んでみました。

すると、女性3名がおもむろに立ち上がり、顔を真っ赤にして現れたではないですか!

 

行方不明の3人は、なんと 他の会社のツアーに紛れ込んでいました。

どこに行くつもりだったのでしょうか・・・??

 

その会社のツアー参加者はとにかく 大爆笑の嵐!!

ツアーの最初から起きた、頭が溶けるようなハプニングでした。

 

この瞬間から、私は全員から絶対に目を離すものかと心の中で誓いました。

と同時に、先がほんとうに思いやられました・・・

 

大失敗 その2 :  解放気分でお酒の飲み過ぎ。60代女性と70代男性が正体不明に!

 

 

外国人から「オウ、オリエンタル・マッサージ?」のご質問!

 

ドイツの有名なビアホールで、夕方にステキな民族ショーを観ながら ビールで乾杯!

ホッとしたのもつかの間、ある参加者から「〇〇さんがトイレで倒れています・・・」との通報があり、一気に酔い覚め。

 

今度はなんだ?とかなり不安になりながら、私は添乗員と一緒に女性トイレに向かいました。

かなり広いトイレの中、隅のほうにフラフラしている60代の日本人女性が1人・・・

 

ひどく気分が悪そうな雰囲気。トイレの隅に陣取り、私は肩をゆっくりと揉んであげました。

15分ぐらいすると、少し顔色がよくなってきたようで、ほっとすると同時に私はすごい脱力感。

 

この女性はツアーの中で、少々浮いていた人。

いつも大声でズケズケと、所かまわず話すところが どうやら原因のようでした。

そのためツアーの女性たちが、トイレで困っている彼女を、自ら介抱してあげようと思わなかったのかも・・・

 

私が汗をかきながら 女性の肩を揉んでいるときに、近くにいたほろ酔いのドイツ人女性が私たちに向かって、満面の笑みで言いました。

「オウ! オリエンタル・マッサージ?」「オウ! オウ!!」

心の中で、私は深いため息をついてしまいました・・・

 

翌朝、その女性はいつもと同じように大きな声で、先頭を切って元気よくズンズンと歩いていました。

 

 

ホテル到着間際、トイレが我慢できない?

 

最終日の夜は、パリのセーヌ川でのディナークルーズ

80名の参加者はそれぞれにおめかし。けっこう決まっています。

周りはほどよくうす暗くなってきて、広い川の両岸からさまざまな光が点滅しています。船内は まばゆい光とムードたっぷりの生演奏の響き・・・

 

ツアー参加者は、非日常の世界にすっかり酔いしれている感じ。

そんな中、品のいい70代の男性が赤ワインをガブガブ飲んでいます。奥さまが横で叱っているようでした・・・

 

クルーズが終わった後、その男性はかなりの酩酊状態でバスに乗り込みました。

ホテルまではたったの5分間。

しかしなんと、その間にトイレが がまんできない雰囲気。

 

なんとかバスを乗り切って、ホテルの入口から部屋までの間で事件?は起こってしまいました。

かなりふらついているので、奥さまと一緒に、私も肩を抱えながら部屋に向かったのですが・・・

 

翌日、ご迷惑をおかけしましたと、そのご夫婦からタイピンをいただくことに。

辞退したものの、結局 むりやり受け取ることになりました。

 

私はそのタイピンをいまでも大切に持っています。

私は当時30代半ば。実はこれまでに一度も使ったことがありませんが、60代になった今 ようやく似合いそうな感じになってきました。

・・・この真珠のタイピンは、忘れられない思い出の逸品?です。

 

大失敗 その3 :  50代姉妹が大ゲンカして、ディナーに現れない!

 

 

スイスでは宿泊するホテル内で、豪勢なディナーがありました。

その日のメインディッシュは肉厚のステーキと、そそるようなチーズフォンデュのにおい。

芳醇な赤ワインがステキな雰囲気を醸し出しています。

 

私は各テーブルごとに、参加者のステキな笑顔を 順番に写真に撮ってあげていました。

ところが、あるテーブルで1名分が空席に・・・

そして、その横の女性が目をひどく腫らしているのに気づきました。

 

姉妹でツアーに参加した2人でした。1人は私の会社の社員ですが、その姉が席にいません。

2人とも50代でとっても仲良しに見えていましたが、確認すると ディナー直前にささいなことで大ゲンカになったとのこと。

 

あちゃ~、またか!・・・姉の気の強さがわかっているだけに、私は思わずう〜ん。

とりあえず すぐさま部屋に行ってみて、涙ながらの顔を見ながら なだめること30分。

こういうことに 私はそこそこ慣れていますが・・・やれやれ。

 

かなり遅れましたが、なんとか その女性をディナー会場に案内できました。

海外に行って異次元のような空間に入ると、日ごろは仲のいい姉妹でも ささいなことで大ゲンカに・・・

 

ディナーが終わるころ、その姉妹はお酒の酔いも手伝ってか、いい笑顔で大きな声を出して はしゃいでいました・・・

 

まとめ

 




私は海外にそれほど行ったことはありません。

そんな私が30代半ばで、海外ツアーの団長として参加しました。

これは会社の業務。若いのに 高齢者の対応がそこそこできる?というようなことが理由かも・・・

 

当時、先輩や同期からは「いいねえ、うらやましいなあ」などの声をたくさんいただきました。

結果は・・・やはり仕事はしごと。気がずっと張り詰めていて、日本に無事 帰ってきた参加者全員と空港で別れた後、リムジンバスの中で私はぐったりとなりました。

そして、その後の記憶があまり定かではありません・・・

 

お金を払ってツアーに参加する立場と、ツアー全体をコントロールする立場の違いが、ほんとうに身をもってわかりました。

毎日が 何らかのトラブルの連続。

ここにそのすべてを書きつくせないのがとても残念・・・??

 

その後、私は家族と海外旅行に数回行きました。

その時は、添乗員の方をなるべく尊重するように行動しています。

添乗員を観察するというのも変ですが、添乗員が何かに困っていないか、何か手伝えることはないかなど・・・

 

よせばいいのに、常にそのような視点で見ている自分がいます。

海外に行く場合、参加する側と、全体をまとめる側で、ここまで心持ちが違うのかという貴重な?経験をさせていただきました。

 

古い写真を整理していて、海外ツアーというものを、「業務として働く」という観点から見るようになったことを ふと思い出しました。

今後 海外旅行ツアーに参加する際の ご参考になればと思います・・・(まったくならないかも)

 

実は、ほかにも まだたくさんの失敗談がありました。後日 続きを書くかもしれません。そのときは、よかったら またご覧ください。